まだ見ぬあなたとふれあいたい……温泉きのこの役者、そして演劇ユニット『ふれあい』主宰の井本洋平の日々のふれあい日記です。


by imohei-fureai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

R-1。

前評判通り、世界のナベアツが優勝だと思ってました。

ただ、あのネタは3関連でバカになって、8の倍数で気持ち良くなる。ぐらいが単純に笑えていいんじゃないかと思いましたね。今回は犬のやつまで。
考えるのに、ほんっの少しでも時間があると、ちょっと違ってくるなあって。

なだぎは、披露宴で祝辞をするおじさんのネタかなと思っていた。
ファミコンの2コンのやつは入ってたけど。
しつこく繰り返す部分に、スミス夫人の頃を思い出しました。
面白かった。断然なだぎだったなあ。
徹子の部屋では、黒柳徹子自身の希望でなだぎ(友近も)呼ばれたらしい。

コハマ2世頑張れ。
[PR]
by imohei-fureai | 2008-02-18 03:46

井本と井本。

少し前の話なのですが。

知り合いの中学時代からのお友達に、『井本さん(女性)』がいるというではない。
まじで!?俺、他人の井本さん(親類以外)に会った事ねえと。
洋平は三人知ってるけどね。洋平二人が洋平さんのやってる劇団に出た事あるけど。

ねえねえ。井本っている?俺以外で井本って知ってる?いないでしょ?

でまあ、それは是非とも会っとかnight!と。

で、先月。渋谷のお好み焼き屋さんにて、『井本会』が実現した訳で。
そういえばね、お笑いコンビのライセンスに、井本いるけどね。『いのもと』と読むんだよね。話になんねぇよね。

でね、井本会が決まってから、井本さんに会ったら是非とも言いたい言葉があったの。
それが、

『あ、井本さんですか?どうも初めまして。井本です。』

これね!佐藤さんや鈴木さんならしょっちゅうそういう機会があるだろうさ。
だがね!俺にはこんなの最後のチャンスかもしんねぇんだよ!!逃す手はないだろう!?人のセックスを笑うな!!!

しかしねえ、変な感じ。名刺もらったら、その子の名前、本当に井本ってのね。
で、俺も井本ってのよ。どうも初めまして。
しかも、井本美○子さんで、書いちゃうけど、俺のお母さん井本美紀子さんよ。
なんだそれ!!あー変な感じ!!!

無事に念願が叶い大満足な井本会だったのでした。

[PR]
by imohei-fureai | 2008-02-14 03:48

ウインターアゲイン。

週末は雪ですか。降りますかね。降らなくていいですね。
和歌山の南端、本州最南端、いわゆる近畿のマイアミ育ちですから苦手です。
だから、いつか二人で行きたい所には雪がありません。

先日、年末に出演したキングマサカツの中村さんの所属のユニークポイントを観に行く。中村さんお疲れ様でした。

いやあ、何かちゃんとした芝居観たなあ。
と、とてもお馬鹿な感想ですが、ユニークポイント。とてもいいお芝居でした。

主役の女優さんがね、キングの時に稽古場に来てもらって、そのままみんなで飲み行って、で何人かでカラオケ行って。初対面でカラオケ。
ブルーハーツ熱唱した思い出が強かったから、芝居観てたらなんか不思議な感じがして。普段の所しか知らないから。あ、女優さんなんや〜って。

で、ユニークポイントが終わった後、韓国の劇団が同じ芝居を上演。多分外国の劇団を観るのは初めてですね。
同じ作品なのに全く別物でした。違いを挙げればキリがないですが。
上演中は字幕が出るんですが、当たり前ですけど、字幕見てないと何言ってるか全く分からないですね。試しに少し字幕見ないで芝居だけ見てたら、何言ってんだこの人たちはと思いました。何言ってるか分からなくて、ちょっと面白くなってきますね。
しかし韓国語ってパワーがあるな。ドイツ語に近いのかな。知らんけどね!!

いやまあ色々な発見があり、二度おいしい感じでした。

そうそう。これも先日。スイニートッドを観に行ったらね、両隣がどちらも外国人カップルで、何か落ち着きませんでした。べったりくっついて観る映画でもなかろうに。
ちきしょう!ポップコーンとか似合ってんなあ!!せめて俺もカップルだったらなあ!!

雪、降らなくていいのに。
[PR]
by imohei-fureai | 2008-02-09 02:51

千円ちょいで至福の時。

またまた書かない日々が続きました。
もう2月ですね。寒い毎日です。

最近はといえば、オープンして1年以上行ってなかった家の目の前の温泉施設にはまっております。
近くの高井戸温泉もそうでしたが、この辺のお湯は赤茶色してますね。ほとんどコーヒー風呂。そしてちょっと塩辛いんです。

髪・体洗う→室内風呂→(サウナ→水風呂×3)→露天風呂→地燃の部屋で横に→また汗をかいて一風呂

というのがパターン化してます。トータル3時間はいますね。
地燃の部屋は、暖房ガンガン、床暖ガンガンで周りが岩塩が敷き詰められている部屋で、そこでひのきの枕で寝るのがとても気持ちいいのですね。
起きたらまた汗びっしょりです。

休みの前日に朝まで呑み、昼まで寝て、寝ぼけ眼のまま行って汗かいてアルコールを飛ばすのです。

いやあ、なんとも贅沢な時間ですね。ありがとうございます。
[PR]
by imohei-fureai | 2008-02-03 01:55