人気ブログランキング | 話題のタグを見る

まだ見ぬあなたとふれあいたい……温泉きのこの役者、そして演劇ユニット『ふれあい』主宰の井本洋平の日々のふれあい日記です。


by imohei-fureai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パクりきれてねえ!

僕の生まれ故郷、和歌山県の南紀地方に、『めはり寿司』というお寿司があります。
パクりきれてねえ!_e0113121_1163761.jpg

               めはり寿司

何かでかい虫の卵みたいですが、食べ物です。
ご飯と醤油ベースのタレ、あと刻んだ高菜を混ぜてあり、それを高菜の葉でくるんだというシンプルなお寿司です。
名前の由来は、その大きさ故、食べる時に『目を張る』程大きな口を開けてしまうという事らしいです。
普通のお寿司と並んでスーパーで売ってたりと、和歌山ではとてもポピュラーな食べ物です。

で、びっくりしたんですが、最近近くのスーパーでめはり寿司を見つけました!
びっくりしたのは、めはり寿司が東京にあるなんて!という事ではなく…


はいこちら。


パクりきれてねえ!_e0113121_1163784.jpg

         近所のスーパーで見かけた目はり寿司


全然違げえじゃん!!!何だこれ!?パクりきれてねえっ!!


実は何となく気持ちは分からないでもないんです。

説明しますと、同じく和歌山のお寿司で、「さんま寿司」というのがあります。
すし飯の上にさんまを乗せて、こうギュッと木箱かなんかで固めるやつ、押し寿司ですね。それをからし醤油でいただきます。うまいです。

というものがあるんですが、それとごっちゃになってますね。
分かりづらいかもですが、ご飯と高菜の間に、さんまがありますね。
さんま寿司の上に高菜を乗せてしまってる訳です。
それをめはり寿司だと言っているのです。

どう間違ったんだろうなあ…作った奴、何を見たんだろう?

どっちかというと、これは8割さんま寿司です。
和歌山県民が見たらびっくりするでしょう。

『どんなコラボや!?』と。

どうどうと、『紀州名物めはり寿司』と書いてますが、一言物申したい僕です。


by imohei-fureai | 2008-06-25 01:16